知ってる?顧問弁護士

法律―それは私達自身を束縛するものであり、同時に私達を守るものでもあります。
法律があるからこそ私達の行動は制限されますが、同時に私達は様々な危険から守られてもいます。
もしこの世の中全てが無法地帯であったら…そんな事態はあまり想像したくはありません。
どちらにせよ、私達の今の生活が、法律に守られていることに変わりはありません。

さて、生活はいわば法律の上で成り立っているに違いありませんが、私達はそれらの法律を全て把握しているわけではありません。
一般市民の中で、憲法を一字一句全て暗記している人はいない、と言っても良いでしょう。
それくらい、私達は法律、という分野に関して、基本的なことは分かっていても、ぼやけたイメージしかないかもしれません。
もしそのような状況で、突然法律に関係するトラブルが発生したとしたら、どうなるのでしょうか。
法律に精通している人に頼らなければ、自分の身分が危ない―そういった状況で頼ることのできる、どのような存在がいるでしょうか。
それが、『弁護士』です。
弁護士はいわば法律のプロ、スペシャリストでありエキスパートです。
様々な状況に応じて、取るべき行動や裁判での戦い方などを心得ています。
法律に関係した問題が発生したとき、真っ先に頼ることのできるのが、弁護士なのです。
さて、その弁護士をもっと身近にするために、私達は個人単位、または企業単位で弁護士を雇うことができます。
それが、『顧問弁護士』です。


◇特選外部リンク
法律に関するトラブルが起きた際に頼りになる弁護士と安価に顧問契約を結べます ⇒ ⇒ 弁護士 顧問契約